グルコサミン・コンドロイチンの相乗効果

コンドロイチンの効果と口コミ TOP効果について >グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

グルコサミンとコンドロイチンの違い

グルコサミンとコンドロイチンは両方とも関節の軟骨に作用し、軟骨細胞を活発にしてくれます。そのおかげで関節の痛みが取れたり、病気の症状の緩和をすることが可能となっています。しかし両方とも同じ効果なので2ついっぺんにとらなくてもよいのでは?と考える人も当然いると思います。確かにコンドロイチンとグルコサミンは似たような効果をもっていますが、決定的に違うのが、コンドロイチンが軟骨成分や結合組織に弾力、水分を与えるのに対して、グルコサミンは軟骨細胞を活性化させる、コンドロイチンなどの物質を生み出してくれるところにあります。そのため簡単に説明をすると軟骨細胞の中でグルコサミンによって、活性化する細胞をコンドロイチンがさらに栄養を与えるというようなものとなります。このようにグルコサミンとコンドロイチンは相互的に影響しあい、助け合ってその効果を発揮することもできるということになります。

相乗効果とは

グルコサミンとコンドロイチンはお互いの能力を助け合い、高い効果を発揮してくれるようになります。そのため似たような効果といって片方だけ利用しているよりも、2つとも利用しているほうがより高い効果を期待できます。グルコサミンは軟骨の再生にコンドロイチンは、その再生した軟骨の機能を強化し、軟骨を支える効果を発揮します。わかりやすくいうと、グルコサミンは軟骨の生成、コンドロイチンは軟骨の修理となります。グルコサミンはコンドロイチンを生成してくれるという特徴をもっているため、グルコサミンだけ取っていれば良いと思う人もいるかもしれません。しかし実際にはグルコサミンがすぐにコンドロイチンを生成してくれるというわけではなく、また生成できたとしてもその量が中途半端であったりします。そのためコンドロイチン摂取の意味は非常に大きくなります。またグルコサミンではコンドロイチンができる間は軟骨を生成したとしても弱い軟骨になってしまうため、再度また壊れてしまうこともあります。効率的にまた丈夫な軟骨を実現させるためにもこの二つの相乗効果は非常に注目をされています。

 

人気のコンドロイチン・グルコサミン

掲載をご希望のサプリメント販売店様へ

コンドロイチンの情報

グルコサミンの情報

効果について

コンドロイチン人気商品一覧

サイト運営者情報について